【動画】名大関、魁皇 vs 横綱朝青龍 2004年九州場所

名大関、魁皇 vs 横綱、朝青龍 2004年九州場所

魁皇
当時(2004年)、魁皇は32歳。

まさに円熟期を迎えつつある年でした。

9月場所には13勝2敗で5回目の優勝を遂げ、この11月の九州場所には綱取りへの期待がたかまりつつありました。

ところが、12日目に3敗目を喫し、優勝争いから脱落。

それでも、押尾川審判部長から「千秋楽で横綱朝青龍を破り、準優勝なら(昇進の)可能性がある」という発言があったため、この一番に賭ける気持ちは並大抵のものではなかったでしょう。

(ご存知の通り、結果的にはこの場所後の横綱昇進は見送られ、次の場所は途中休場したため、その時点での昇進の夢は潰えました)

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク