【天皇と相撲】相撲の歴史を振り返る【動画】

【天皇と相撲】相撲の歴史を振り返る【動画】

桜と土俵

実は、天皇家と相撲は切っても切り離せない関係にあります。

奈良時代の734年に始まった相撲節会は、平安時代の1174年まで続き、その後も武家社会に受け継がれていきました。

今のように色々としきたりが決まる前は、より実戦に近い武技として組み打ち格闘の訓練をするためにも用いられていたようです。

実は相撲が今のような形式に整えられたのは明治期以降のようです。

今に近い形になって、まだ150年も経っていないと考えると、ちょっと不思議な感じがしますね。

また、相撲が日本の国技として一般に浸透するのも、国技館が竣工した明治42(1909)年くらいからだそうです。

こういった歴史を知ると、今でもたまに天皇陛下が行幸され、天覧相撲が開かれるのも当然のことだとわかりますね。

詳しくはコチラのサイトに書いています。ご参考に。

⇒ 日本の国技 相撲の歴史、成り立ちをざっと調べてみた

スポンサーリンク

【動画】天皇と相撲

動画は削除される可能性があります。あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク